2013年11月26日火曜日

Windows ストアから Windows 8.1 アップデートを無効化する方法

Windows 8 の多くユーザーは Windows ストアから Windows 8.1 にアップグレードすることができますが、何らかの理由でアップデートしたくない、させたくないときのための無効化する方法が公開されました。


Windows 8.1 は Windows 8 を更新したバージョンであり、Windows 8 のユーザーは OS のアップデートといったサポートを受けるためには2015年 10月までに 8.1 にアップデートする必要があります。しかしながら、企業などでの利用で Windows 8.1 の環境にさせたくない場合はレジストリを編集することで Windows 8.1 アップデートをストアから非表示にすることができます。

スタート画面から「regedit」と入力して開く
HKLM\Software\Policies\Microsoft\WindowsStore を展開する
DisableOSUpgrade(DWORD)を「1」にする

なお、この設定はグループポリシー エディターからも行えます。

ソース
Windows 8.1 FAQ - Apps, Security, Virtualization, UEFI | TechNet
http://technet.microsoft.com/en-us/windows/jj721676.aspx

このブログを購読する
    このエントリーをはてなブックマークに追加  Evernote にクリップ 

0 件のコメント:

コメントを投稿