2013年5月25日土曜日

マイクロソフト、Windows Essentials 2012 をアップデート



マイクロソフトは Windows Essentials 2012 の新しいバージョンを公開しました。
このバージョンではセキュリティの強化が行われています。現在のところ、Windows Update 経由では配布されておらず、手動でアップデートする必要があります。


インストールすると、バージョンは 2012 (Build 16.4.3508.0205) になります。
1つ前のバージョンは 2012 (Build 16.4.3505.0912) でした。

このバージョンではおもに次のような変更が行われたという情報があります。

  • パフォーマンスの向上
  • Write から情報漏えいが起こる問題の修正
  • SkyDrive アプリの更新

アプリのアップデートのみを行う場合はインストーラーを起動して「インストールする製品の選択」をクリックして「これらのプログラムがインストールされます」の中にあるアプリのチェックをすべて外して「インストール」をクリックします。

ダウンロード
Windows Essentials - Windows Live Essentials (旧名: おすすめパック) をダウンロードする
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials

ソース
マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-045 - 重要 : Windows Essentials の脆弱性により、情報漏えいが起こる (2813707)
https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-045

ソース
Windows Essentials 2012 updated | LiveSide.net
http://www.liveside.net/2013/05/13/windows-essentials-2012-updated/

このブログを購読する
    このエントリーをはてなブックマークに追加  Evernote にクリップ 

0 件のコメント:

コメントを投稿