2012年11月30日金曜日

次期ウィンドウズは「Windows Blue」で来年発売?

次期ウィンドウズは「Windows Blue」という名称で来年発売するという情報があります。これはマイクロソフトが Windows 8 から方針を変更し、毎年新しい OS を発表するといううわさによるものです。


この情報は公式の発表によるものではありません。

情報によると Windows Blue は 2013年半ばにリリースされる予定で UI が大幅に更新され、Windows 8 とは異なる操作性になるようです。
OS は低価格もしくは無料で、以前のバージョンの Windows からのアップグレードインストールのみに対応するとのこと。

今後、Windows Blue のリリースに合わせて Windows のソフトウェア開発キット(SDK)が更新される予定としています。
1年ごとのリリースで Google や Apple が作ったプラットフォームに対抗できるようになるかもしれませんが、企業のユーザーからは不満の声が上がりそうです。

ソース
Windows Blue is Microsoft's future low-cost OS with yearly updates | The Verge
http://www.theverge.com/2012/11/28/3693368/windows-blue-update-low-cost

ソース
Annual Windows upgrades demand consumer-business split, say analysts | PCWorld
http://www.pcworld.com/article/2017362/annual-windows-upgrades-demand-consumer-business-split-say-analysts.html

このブログを購読する
    このエントリーをはてなブックマークに追加  Evernote にクリップ 

0 件のコメント:

コメントを投稿