2012年10月9日火曜日

アドビ システムズ、Flash Player 11.4 をアップデート

アドビ システムズは Flash Player 11.4 の新しいバージョンを公開しました。
セキュリティ上の問題と不具合の修正が含まれています。


対応するシステムは Windows 7、Server 2008、Vista、Server 2003、XP および Mac OS です。
同時に Windows、Mac OS、Android、iOS向けに AIR 3.4 も更新されました。

インストールすると、バージョンは次のようになります。

  • Windows 版 Flash Player:11.4.402.278
  • Mac OS 版 Flash Player:11.4.402.287
  • Linux 版 Flash Player:11.2.202.243

  • Windows および Mac OS 版 Air:3.4.0.2710
  • iOS 版 Air:3.4.0.2710
  • Android 版 Air:3.4.0.2710

このバージョンではおもに次のような問題が修正されています。

  • システムをクラッシュさせて攻撃者が制御できるようになる
  • Internet Explorer で Flash コンテンツから移動したり、移動されたりするとクラッシュする
  • ファイナライザ関数が実装されていないと、iOS で ANE を使ってアプリをパッケージ化できない
  • データベースのデータが iOS のシミュレーターを起動するたびに消去される
  • iOS 上の WiFi デバッグ関連の問題

このバージョンでの新機能はありません。

Windows 版は「優先度1」で、今回の不具合を利用した攻撃が確認されているため、いますぐ更新をインストールしてください。
Mac OS 版は「優先度2」で、今回の不具合を利用した攻撃が行われる可能性があるため、30日以内に更新をインストールしてください。
Linux 版は「優先度3」で、今回の不具合を利用した攻撃が行われていないため、更新のインストールは管理者が判断するようにしてください。

ダウンロード
Adobe - Adobe Flash Playerのインストール
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/ 

ソース
Release Notes | Flash Player 11.4 AIR 3.4
http://helpx.adobe.com/flash-player/release-note/fp_114_air_34_release_notes.html

このブログを購読する
    このエントリーをはてなブックマークに追加  Evernote にクリップ 

0 件のコメント:

コメントを投稿