2012年8月22日水曜日

アドビ システムズ、Flash Player 11.4 を公開



アドビ システムズは Flash Player 11.4 を公開しました。
インストールすると、バージョンは 11.4.402.265 になります。


対応するシステムは Windows 7、Server 2008、Vista、Server 2003、XP および Mac OS です。
同時に Windows、Mac OS、Android、iOS向けに AIR 3.4 が公開されています。

このバージョンではおもに次のような特長があります。

  • ActionScript Workers(Flash Player)
  • Sandbox Bridge をサポート(Flash Player)
  • ゲーム用の Flash Player のプレミアム機能ライセンスをサポート(Flash Player)
  • StageVideo でカメラ機能の改良(Flash PlayerおよびAIR)
  • Stage3D 用の圧縮テクスチャのアルファサポート(Flash PlayerおよびAIR)
  • DXTのエンコード(Flash PlayerおよびAIR)
  • iOS用のプッシュ通知(AIR)
  • iOS用のネイティブ拡張の例外サポート(AIR)

このバージョンではおもに次のような不具合の修正が行われています。

  • セキュリティ上の不具合
  • ネットストリームが切断されるとクラッシュする
  • AIR Android でライブオーディオストリーミングが停止する
  • Android 端末で drawWithQuality() が正しくフィルタを描画しない
  • iOS で Clipborad.generalClipboard.setData が動作しない
  • Windows の Flash Player でいくつかの FLVビデオコンテンツが再生されない
  • Windows 上の Firefox で動く Flash Player ベースのアプリで右側のオーディオしか再生されない
  • 全画面のインタラクティブ モードに切り替わったあと、マウスロックが無効になる
  • iOS 5の端末で埋め込みフォントを使ったテキストフィールドが文字化けする
  • いくつかのライブストリーミング コンテンツで最初のフレームがフリーズする
  • iOS でサイズ 50×50、100X100、1024x1024 のアプリケーションアイコンをサポート
  • iOS で特定の外部ライブラリ(Libxml2.dylib など)を使ったときに、アプリケーションが標準の拡張機能を使うと、ときどきクラッシュする
  • 起動画像を解像度 768 x 1004 または 1024 x 748 にした全画面の iPad アプリケーションの一部で歪むことがある
  • iOS で 2つのネットストリームを StageVideo オブジェクトに切り替えたとき、H264 ビデオがクラッシュする
  • CameraRoll.browseForImage() で白色が透過されない

このバージョンでは主に不具合の修正が行われているようです。
新機能「ActionScript Workers」では UI のフリーズを防げるようです。

ダウンロード
Adobe - Adobe Flash Playerのインストール
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

ソース
Release Notes | Flash Player 11.4 AIR 3.4
http://helpx.adobe.com/flash-player/release-note/fp_114_air_34_release_notes.html

このブログを購読する

    このエントリーをはてなブックマークに追加  Evernote にクリップ 

0 件のコメント:

コメントを投稿